メルカリ出品で売れない人必見! 3分でわかる売れるコツまとめ!

フリマアプリとして人気の高いメルカリ。スマホで簡単に商品を出品して売れるのでとにかく簡単です。フリマアプリだけで生計を立てている方もいらっしゃいます。

ただ、いざ自分が出品したら何も売れない方も多いです。その理由として考えられるのが売れるコツを知らないこと。今回は3分でわかる売れるコツを紹介します。

1.メルカリ出品で売れない理由はコツを知らないからだった!

出典:https://www.mercari.com/jp/

フリマアプリに出品して商品が売れない理由は多くの要因が複雑に関係しています。フリマアプリも商売と同じです。ただ単に出品しただけでは他のユーザーとの競争に負けてしまいます。映りの悪い写真でメッセージも不親切、値段も高すぎであれば、いつまで経っても商品は売れません。

しかし、コツをおさえれば飛躍的に上達出来ます。

メルカリでよく売れている人は商品の見せ方が上手です。写真を含めた全ての要素がしっかりとかみ合っている方は毎月数万程度の売上は当たり前になります。

メルカリを始めてうまく稼げない方はまず売れるコツを知っておきましょう。最低限抑えておけば売れる確率が上がります。まずは本記事でメルカリ出品のコツを覚えてください。

2.メルカリ出品で売れるために知っておきたい3つのコツ

それでは3つの観点からメルカリ出品で売れるコツを紹介します。写真、メッセージ、価格をこだわってまずは売れる土台を作りましょう。売れるコツが分かれば毎月数万円以上の稼ぎも夢ではありません。

コツ①:写真は1枚目に注力!

検索一覧で表示される写真は、1枚目に登録された写真です。まずは自分の写真をクリックしてもらわないと、何もはじまりません。2枚目以降は力を抜いて良いですが、商品の良さが伝わる様に出来る限り画像も多く登録しましょう。

又、撮影は明るく綺麗に分かりやすく撮影しましょう。また傷や汚れのある商品は誤魔化すことなく写真を撮ってください。悪い点をきっちり伝えとく事により、取引相手に満足してもらえ良いレビューを残してもらえます。

コツ②:商品説明は相手の知りたいことを網羅しよう!

メルカリで写真をクリックされた後に表示される商品説明。相手が知りたいことは商品の購入時期や状態、使用回数、型番、サイズや規格などです。

ユーザーから商品について質問を受けた場合、返答は説明文にもコピペして説明文をブラッシュアップしていきましょう。

常に自分が買う立場に立って相手の知りたいことを網羅しましょう。商品説明が丁寧であればあるほど出品者の信頼が上がります。商品説明が上手になりたい方は、沢山のレビューを持っているベテランユーザーの商品ページから学びましょう。売れる商品説明のヒントが隠されていますよ。

コツ③:価格は相場と特徴で決めよう!

まずはメルカリで検索して相場を見てください。検索機能の絞り込みで販売状況を売り切れに設定すれば、実際に売れた商品と金額ばかりを確認できます。

念入りに調べる場合は、ヤフオクやAmazonなどもチェックしましょう。

メルカリでは出品の半数が24時間以内に売れるといわれています。
それは商品一覧がタイムラインになっている為、新しく出品された商品の方が多くのユーザーの目にふれます。出品後の24時間が大切な為、出品時にはズバリの金額を設定をオススメします。

 

3.フリマアプリのレンタル版 「クオッタ」


最後にクオッタが提供する貸し借りアプリをご紹介。
クオッタはユーザー間でモノを貸し借り出来るアプリ。
使わなくなったモノを貸し出すことでお金を稼げます。

使わないけど売りたくないモノがある方は、是非クオッタに出品してみてください!

ダウンロード(iOSのみ):貸し借りアプリ-クオッタ

まとめ

メルカリで売れるコツを紹介しました。メルカリを含めたフリマアプリではいかに買い手の目線に立てるかが大切です。今回紹介したコツを参考にしてフリマアプリを楽しんで下さい。