メルカリ出品で売れるコツまとめ!高く売れない人必見!

フリマアプリとして人気の高いメルカリ。驚くほど良く売れ、フリマアプリだけで生計を立てているツワモノもいるほどです。

値段を相場より安く設定すればすぐ売れますが、いかに高く売るかが商売人の腕の見せ所です。今回は3分でわかる売れるコツを紹介します。

メルカリ出品で売れない人はコツを学ぼう!

ユーザーが商品の購入を決断するまで、消費者心理を含め多くの要因が複雑に関連しています。フリマアプリも商売と同じで、色々工夫をしないと他のユーザーとの競争に負けてしまいます。映りの悪い写真でメッセージも不親切、値段も高すぎであれば、良い結果を残せません。

しかし、コツをおさえれば相場より高い値段ですぐに売れます。

ノウハウをあげると1記事では収まりませんが、特に重要なコツをまとめました。

メルカリ出品で売れるために知っておきたい4つのコツ

 

コツ①:写真は1枚目に注力!

検索一覧で表示される写真は、1枚目に登録された写真です。まずは自分の写真をクリックしてもらわないと何もはじまりません。2枚目以降は力を抜いて良いですが、商品の良さが伝わる様に出来る限り画像も多く登録しましょう。

又、撮影は明るく綺麗に商品を良く見せる様に撮るのも大切ですが、傷や汚れのある部分もしっかりと撮影してください。悪い点をしっかり伝えとく事で、購入者に満足してもらい良いレビューを残してもらえます。

コツ②:商品ページはAmazonや楽天を参考に

載せるべき情報は商品の状態、サイズ、重さ、素材、定価、型番など色々とありますが、物によっては説明文を書くのに骨が折れます。

そういう時はネット販売のプロであるAmazonや楽天の同じ商品ページを参考に、商品説明をつくりあげましょう。

ユーザーから商品について質問を受けた場合、返答は説明文にもコピペして説明文をブラッシュアップしていきましょう。

また、沢山のレビューを持っているベテランユーザーの商品ページからも学べることが多いと思います。売れるヒントが隠されているかも!

コツ③:検索対策キーワードを羅列しよう。

購入者は商品を探す時は検索を利用します。その際に使われるキーワードをいかに多く含んでいることが重要です。

キーワードは説明文の最後に羅列します。先頭に#を付けキーワードの後は半角スペースを空けましょう。

商品に関連しないワードや、あまりにも多くワードを登録しすぎると運営から警告が来るので注意しましょう。

ワードの選定にはコツがあるので、また管理人のブログにて紹介したいと思います。

(参考:下の画像は「ラルフローレンのトートバッグ」の対策キーワードです)

 

 

コツ④:相場を調べ価格設定しよう!

まずはメルカリで検索して相場を調べて下さい。検索機能の絞り込みで販売状況を売り切れに設定を利用すると便利です。

念入りに調べる場合は、ヤフオクやAmazonなどの価格もチェックしましょう。

メルカリでは売れた商品の半数が24時間以内に売れているといわれています。
商品一覧がタイムラインになっている為、出品されたばかりの商品は多くのユーザーの目にふれます。出品後の24時間が大切な為、出品時にはズバリの金額を設定をオススメします。

3.フリマアプリのレンタル版 「クオッタ」

最後にクオッタが提供する貸し借りアプリをご紹介。
クオッタはユーザー間でモノを貸し借り出来るアプリ。
使わなくなったモノを貸し出すことで繰り返し稼ぐことができます。

使わないけど売りたくないモノは、是非クオッタに出品してみてください!

ダウンロード(iOSのみ):貸し借りアプリ-クオッタ

まとめ

メルカリで売れるコツを紹介しました。メルカリを含め商品を売る時は、いかに買い手の目線に立てるかが大切です。この記事を参考にこれからもフリマアプリを楽しんで下さい。

管理人のブログはこちらから