ブログBlog

思わずイラッ!メルカリの非常識な値下げ交渉に対処する3つの心構え

「値下げできますか?」「○○円で買いたいです」「値下げがなきゃ買いません」

メルカリを利用していると値下げ交渉に出くわすことがあります。常識の範囲内の値下げ交渉なら対応できますが、上記のような非常識な値下げ交渉はストレスが溜まりますよね。

今回は思わずイラっとしてしまう非常識な値下げ交渉に対処する3つの心構えを紹介します。値下げ交渉でストレスを溜める前に心構えを知っておきましょう。

メルカリの値下げ交渉はストレスの原因?

メルカリでは出品者に対して購入者側が値下げ交渉してくることがあります。値下げ交渉は公式の機能ではなくコメントで行われるため、ユーザー同士がやり取りをして値下げ額を決めます。もちろん、すべての商品で値下げ交渉に応じる必要はありません。

値下げ交渉はあくまで出品者側ができる範囲で行うもので、購入者側に決定権はないので値下げ交渉したくない方は”コメントで返信”または”値下げ不可”と記載するなど対処法があります。

ただ一部ユーザーの中にはしつこい値下げ交渉をしてきたり、失礼なコメントをしたりする方がいます。メルカリでアイテムを売りたいだけなのに、こうした事態に出会うとストレスが溜まるのは当然ですよね。

値下げ交渉をしてくる方の中には、丁寧なコメントでできる範囲の値下げを依頼してくる方もいます。相手の受け答えや値下げ交渉の中身に同意できれば、値下げに応じても構いません。値下げ交渉自体が悪いことではなく、お互いの条件が一致すれば気持ちのいいものです。

メルカリを利用する上で非常識な値下げ交渉は避けて通れないので、準備しておきたいのが交渉に対する心構えです。出品後に非常識な値下げ交渉が来ても対応できるように3つの心構えを知っておきましょう。

メルカリの非常識な値下げ交渉に対処するための3つの心構えを解説

それではメルカリの非常識な値下げ交渉の対処法を知っておきましょう。ここでは3つの心構えを解説していきます。

値下げ交渉を含めた値段設定にしておく

値下げ交渉に対応することを前提に値段設定をしておくと落ち着いて対処できます。あらかじめ、値段を決めておけば値下げして販売しても売上が入ってきます。例えば5,000円でアイテムを売りたい場合は値下げを前提として6,000円、送料を負担するなら7,000円程度で売りましょう。

非常識な値下げ交渉には対応する必要はありませんが、常識的な値下げ交渉には対応する状況を作っておくことは大切です。

非常識な値下げ交渉こそ丁寧にコメントする

非常識な値下げ交渉がくると思わず相手と同じ温度でコメントを返信したくなりますよね。そんな時は深呼吸して冷静に対処しましょう。どんな非常識なコメントにも丁寧な対応をすることが重要です。

「コメントありがとうございます。新品なので値下げ交渉はできません。」

「現在値下げは考えておりません。ご希望に添えずに申し訳ございません。」

「出品直後なので値下げには対応できません。またの機会によろしくお願いいたします。」

値下げ交渉の返信で大切なのはしっかりと断ること。曖昧ない返信だと値下げできると思われて、しつこく交渉されます。コメントへの感謝、値下げできない理由、しっかりとした否定。この3点を含んだコメントなら問題なく断れます。

また値下げ交渉に対する返信のコメントを削除するのは控えましょう。メルカリのコメントは全ユーザーが見られます。削除されたコメントが残っていると不信感を抱くユーザーが多いです。誠実な対応をしたコメントを残しておけば、それだけ購入者側の信頼度が上がります。非常識な値下げ交渉こそ距離をとって丁寧にコメントしてください。

相手に変化を求めず自分が適応しよう

怒りが湧いてきたときに相手をコントロールしようとするとよりストレスがかかります。メルカリの非常識な値下げ交渉の際にも相手ではなく自分をコントロールしましょう。

例えば”値下げ不可”や”値下げには対応できません”と詳細に書いていても相手は構わず値下げ交渉してきます。そんなとき、「せっかく値下げできないと書いたのになんで値下げしてくるの?」とイラっとするかもしれません。

こうした事態には丁寧なコメントを返信してじっとこらえましょう。相手にもなんらかの事情があるのだと考えて、時が過ぎるのを待つことが肝心です。すべてのユーザーが非常識な訳ではないので、時期がくれば必ずいい購入者が現れます。

理想の購入者が商品を見つけやすいように分かりやすい説明、状態が分かる写真、信用できるプロフィール作りをしてアピールしましょう。

メルカリの値下げ交渉に疲れたらクオッタを利用してみよう!

メルカリの値下げ交渉に疲れたらアイテムを出品して稼げるクオッタを利用してみましょう。クオッタは弊社が提供する貸し借りアプリ。ユーザー同士でアイテムをレンタルできるシェアリングサービスです。

出品者側がアイテムのレンタル料金、日数、条件を設定して出品します。あとはレンタル希望者が現れれば、そのレンタル料金でお小遣いを稼げます。メルカリと違ってアイテムを売らなくてもいいので、売ることに抵抗がある方におすすめです。

一眼レフ、ブランド品、家電、美容製品、楽器などなど。あらゆる商品を出品できるので貸し出しに興味のある方は下記からクオッタをダウンロードしてみてください。

公式サイト:クオッタ

ダウンロード(iOSのみ):貸し借りアプリ-クオッタ

まとめ

メルカリの非常識な値下げ交渉に対処する3つの心構えを紹介しました。メルカリを利用していて値下げ交渉にストレスが溜まった経験のある方は3つの心構えを参考にしてください。

またメルカリ以外にもお小遣いが稼げるアプリがあります。少しでも興味があれば弊社の提供しているクオッタの利用も検討しましょう。

すべての物をすべての人で使える世の中へ

今すぐアプリを
無料でダウンロード♪

アップルストアでダウンロード