メルカリの手数料は強敵?出品前に知っておきたい3つの費用!

メルカリを利用する前に知っておきたいのが手数料のこと。実はメルカリを利用する上でいくつかの手数料が発生します。

なかでも出品時に発生する手数料を知っておかないと、売上額が減ってしまうので注意が必要です。そこで今回はメルカリに出品する前に知っておきたい3つの手数料について紹介します。

1.メルカリを利用する前に覚えておきたい手数料

メルカリのアプリはインストール無料で、利用する際に月額料金も発生しません。すべて無料でサービスを使えますが、出品した商品が売れたり、売上を振り込んでもらったりする際に手数料が発生します。購入者側も出品者側も手数料がかかるので、メルカリを利用する前に覚えておきましょう。

手数料を無視して価格を決めて出品すると、売れた後に損をすることもあります。特にメルカリでお小遣い稼ぎをしたい場合は損をしてしまうので、必ず手数料を確認して価格を決めてください。

メルカリの3つの手数料について覚えておけば大きな損はしません。本記事で手数料を理解して少しでも得をする出品を行ってください。

2.メルカリで知っておきたい3つの手数料を紹介

それではメルカリの3つの手数料を紹介します。それぞれ、どんなタイミングで発生する手数料なのかを知って、商品の出品価格を決めましょう。また最後には番外編として購入者側にかかる手数料も紹介していきます。

販売手数料

販売手数料=販売価格の”10%”の手数料が発生

メルカリの手数料の中で一番大きいのが販売手数料です。出品した商品の販売価格の10%が手数料となります。例えば、5,000円で商品を出品した場合は500円が販売手数料として引かれます。

つまり5,000円で出品しても販売手数料分だけで4,500円の売上にしかなりません。5,000円の売上が欲しい場合は5,500円の価格設定する必要があります。商品が高く売れれば、売れただけ販売手数料も高くなるので、注意して価格設定を行いましょう。

また一部の商品を出品する場合にはライセンス料が発生します。スマホアプリの「Ingress」、そして漫画の「宇宙兄弟」の二次創作物を出品する場合は、さらに10%の販売手数料がかかるので注意しましょう。

振込手数料

振込手数料=1万円未満の売上金を引き出す場合は”210円”の手数料が発生

メルカリでは、売上が報酬として貯まっていきます。この売上はいつでも引き出せますが、1万円未満で引き出す場合は210円の振込手数料が発生するので注意してください。1万円以上で出金する場合は振込手数料は発生しません。

例えば、1,000円売上をすぐに引き出す場合は790円の出金になるので損します。もし引き出す場合は、1万円以上の売上金が貯まってから出金しましょう。

送料

送料=商品を送るための手数料

送料はメルカリで直接発生する手数料ではありませんが、あらかじめ送料を考えた計算をしておくといいでしょう。メルカリでは商品の詳細ページに送料の扱いが表示されます。メルカリで売れている商品のほとんどが送料込みでの出品となるので、ある程度送料を考えて価格設定を行ってください。

送料は商品の大きさや重さによって変わるので、商品に対して適切な配送方法を選ばなければいけません。もしメルカリの出品が初めてで配送方法に悩んでいる方は「らくらくメルカリ便」がおすすめです。

「初めてのメルカリ出品も安心♪ 便利すぎる「らくらくメルカリ便」を徹底解説!」

「メルカリらくらく便」について詳しく知りたい方は上記の記事をご覧ください。ほかの配送方法よりシンプルでお得な点が多いです。

番外編:支払い手数料

支払い手数料=購入時の支払い方法によって”100円”が発生

最後に出品側ではなく購入側の手数料についても知っておきましょう。メルカリではクレジットカード、売上金、ポイントで商品を購入した場合、手数料無料で購入できます。

一方、コンビニ、ATM、各種キャリア決済では、支払い手数料が100円発生することを覚えておいてください。もしコメントで支払い手数料が発生する購入者がいたら、100円割引で売るのもいいかもしれませんね。

3.クオッタなら手数料が今だけ無料って本当?

メルカリの手数料が高い!と感じる方におすすめしたいのが、弊社が提供する貸し借りアプリ・クオッタです。クオッタはメルカリと違って商品を貸し出して儲けることのできるシェアリングサービス。

ユーザー同士で商品を貸し借りするので消費税もかからず、今なら(2018年10月現在)取引手数料も無料になっています。メルカリのように商品を売るわけではないので、貸し出し期間が終わったら再度出品できます。

例えば、自宅で使っていないカメラや家電、ブランド品や洋服などをクオッタでシェアすれば、継続的に稼ぐことが可能です。少しでもクオッタに興味を持たれた方は下記のリンクから内容を確認してみてください。

公式サイト:クオッタ

ダウンロード(iOSのみ):貸し借りアプリ-クオッタ

まとめ

メルカリの手数料について紹介しました。出品する前に手数料を理解しておけば、売上金を考えた価格設定ができます。これから出品を考えている方は参考にしてください。

またメルカリの手数料が気になる方は弊社のアプリ・クオッタの利用も考えてみましょう。商品を売らなくてもお小遣いが稼げるシェアリングサービスなので利用を検討してみてください!